プライムワークス国際特許事務所 代表森下のブログです。
公式サイトはこちら
プライムワークス国際特許事務所 www.primeworks-ip.com

辞世の歌作りました

 一時期、平安文学、とくに新古今和歌集にはまりました(3年前のブログにちらっと書きました)。後鳥羽院藤原定家という、タイプ的にはモーツアルト(ひらめきの天才)とベートーベン(彫刻家の深み)のようなふたりを尊敬しています。紫式部はアーサー・ウェイリーの翻訳により、世界に知られるようになりました(拾い読みし、感銘を受けました)。もし新古今も源氏物語のようにいい英訳があれば、後鳥羽院藤原定家は間違いなく世界トップクラスの作家として知られていたはずです。(とはいえ、和歌の名訳ができるなら、その人がすでに優れた歌人です。)

 

 自分でも和歌を作ったことがあります。

 

 病む雁のわたる空さえ闇なれば我も行くべし薦に時雨れて

 

「病んでいる雁(かり)もがんばって渡っていく。その空は希望なんかではない、闇だ。それでも行くのか。おれも行こう。粗末な薦被り(こもかぶり)をして、時雨に打たれながら」

 

 武士の辞世の句をまねて作りました。雁は群れで渡り、離脱は死を意味します。空を見ると、病んでいるのか、一羽遅れています。その雁が自分に重なります。「闇」は仏教で言う無明で、「真理の光に照らされていない状態」です。闇を進む雁を見て、無明に苦しむ僧としての自分も死を決意するという意味です。(「時雨」には「死んで暮れる」のニュアンスがあり、「病む」と「闇」は音韻、「空さえ」は「空冴え」と「空もまた」にかけています。)

 

 なーんて✌

 

 死ぬ気もないのにね。旅の僧なんて、いつの時代の人なんだと。(とはいえ、自分の前世のひとつは1160〜1210年の日本にいたらしいので、自分としては違和感なしです。新古今に惹かれるのも前世の影響かもです✌✌)

 

 この歌の元になったのは、山頭火の自由律俳句、

 

 うしろすがたのしぐれてゆくか

 

 および、芭蕉のこれです。

 

 初時雨猿も小蓑(こみの)を欲しげなり

 

 昔、大阪のP社で働いていたとき、京都に近い交野(かたの)という街に住んでいました。交野は新古今でも桜の名所です。よく山を散歩しました。真冬の公園に梅のような花が咲いていました。清楚な白い花で立て札に「冬桜」とありました。そのときに作ったのが、

 

 夕空に咲くや交野の冬桜落ち来る雪のしるべなりけり 

 

 冬桜の白い花が、空から落ちてくる白い雪にとって、落ちる場所の目印になる、という歌です。落下傘部隊が地上の目標物を目がける感じですが、いかにも若い頃の「頭でっかち」な歌ですね。土佐日記は見事ながら、歌は「まあまあ」だった紀貫之に通じます。新古今時代なら、「理が勝りたる」(理屈が強すぎる)と言って、歌合せでは負ける歌です。(自分で書いて自分で批評します。批評してくれる仲間は皆無であります。) イメージしたのは、定家の父の藤原俊成絶唱です。

 

 またや見む交野のみ野の桜狩り花の雪散る春のあけぼの

 

 「みの」は「御野」です。映像が美しすぎます。この一首で、俊成はマスター・ヨーダなのです。

 

 金沢によく行きます。日本一好きな街です。その海を見て創作しました。

 

 加賀の夜の沖の漁り火ゆらめいて夢のうちなるきみをぞ想う 

 

 漁り火(いさりび)は、幻想的にチラチラと光ります。夜中です。寝むれないまま遠い漁り火を見ているうちに夢うつつになり、心に懸かる人も夢の中にいる時間だなぁ、と想う歌です。「の」の多用と、「きみをぞ」の「ぞ」でわざと字余りにして気分にしつこさを出すのは新古今的なやり方です。(うーん、どうも自分が変な奴に思えてきた。)

 この歌は実感ではなく、与謝野晶子をまねしたものです。たとえばこんな。

 

 海恋し潮の遠鳴りかぞえては少女となりし父母の家

 やわ肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君 

 

 黒体放射のような、暗い熱情ですよね。怖いです。

 

 (゚ロ゚)

f:id:pwblog:20210313193853j:plain

カブトムシの夢という絵を描きました。

 

子規の画

 1年ぶりのブログです。疫病の時世に私の文体は合わないと自重していました。

 それでもまた春は来ます。この時期、大学の入試問題が公表されます。私はいつも問題を覗いてみます。いまでも数学は半分ぐらい解きたいと思うし、国語は若い頃よりわかるはずと思って。

 国語。東大には夏目漱石、京大は石川淳の随筆がありました。いずれもわが尊崇の人ですが、今日は前者。

 

 漱石正岡子規を偲ぶ文でした。子規は夭逝し、でも25000句を残しました。漱石は、子規が病床で菊の絵を描き、自分に贈った話をします。ただその絵は、べったりと色を塗り込んで愚直そのもの。子規もわかっていて、「下手なのは床に伏して描いたから」と言い訳します。漱石は「文芸では自在な男のこの稚拙に失笑」と言っています。

 子規は情熱で俳句界を改革した人です。真っ直ぐなんですね。一方、漱石は遊び心満載の俳句を多く残しました。たとえば、

 

 叩かれて昼の蚊を吐く木魚かな

 

なんて、私は大好きです。芭蕉諧謔(かいぎゃく=ユーモア)を旨としたとおり、漱石は実に軽やかに遊んでいます。湯上がりタオル片手にいい音の下駄で歩くような。

 そんな漱石からみれば、子規の絵は「失笑」なんですね。小説家漱石には俳句は遊び、歌人子規には絵は遊びのはず。なのに、遊べない彼を見て。

 子規の名誉のために言うと、彼は野球が好きで、なんと『野球』『投手』なんて彼がつけたんですよ。最初は英語しかなかったので。文芸(文の芸です)ならいい感じに遊べたんです。

 

 漱石逸文の最後です。

 

 子規は人間として、また文学者として、最も「拙」の欠乏した男であった。永年彼と交際をしたどの月にも、どの日にも、余はいまだかつて彼の拙を笑い得るの機会を捉とらえ得た試しがない。また彼の拙に惚れ込んだ瞬間の場合さえもたなかった。彼の歿後ほとんど十年になろうとする今日、彼のわざわざ余のために描いた一輪の東菊の中に、確かにこの一拙字を認める事のできたのは、その結果が余をして失笑せしむると、感服せしむるとに論なく、余にとっては多大の興味がある。ただ画がいかにも淋しい。でき得るならば、子規にこの拙な所をもう少し雄大に発揮させて、淋しさの償いとしたかった。

 

 漱石の『子規の画』という随筆で、筑摩書店だと思います。私はこれを25年ほど前に読みました。そのときは名文とは感じました。再読、漱石の計り知れない寂しさに茫然とするばかりです。

f:id:pwblog:20210302055536j:plain

ジャングルに生きるヤマネコが好きで、iPadで描きました。

 

キモイ関係性

 10年ぐらい気になっている言葉があります。10年もたってはじめて話すなんて、このペースではあと2つか3つしか話せません。

 

 「アメリカの大統領選挙と日本の景気の関係性は大きく・・・」

 

なんていわれると、からだ中がかゆくなります。

 

 「私と彼の関係性がおかしいのです」

 

に至るや、もはや子守ガエルピパピパの背中なみにキモイです。(ピパピパ、閲覧注意ですよ。ピパピパに罪はありません。

 

 いつからでしょう。「関係」といえばよいのに、「関係性」なんてヘンテコな日本語がはやりだしたのは。「性」がつくと高級だと思うのかな。

 

 さて、ではなぜヘンなのか。文句だけでなく、理由を考えるところが学究的なのです。まず、「性」のつくことばを挙げてみます。

 

  危険性 信頼性 可能性 永続性 違法性 具体性……

 

 これらに共通するのは、

 ①「高い」「低い」「大きい」「小さい」

 ②「ある」「ない」

のいずれかのパターンの言葉を付けることができる点です。①はたとえば、「このソフトは信頼性が高い」、②は「この事業には永続性がある」など。①は「程度」ということ、②は「性質」ということです。「人間性」という言葉にしても、「人間が本来備えるべき性質」でしょうから②です。「人間性が高い」という文章を書く作家もいるので、その場合は、①かつ②と見ているわけです。(もっというと、私は②だけでも十分かな、と思っています。)

 

 この原則に当てはめてみると、「関係性」は「関係の程度」または「関係の性質」ということになりますが、よーく考えて下さい。関係というのは、あるかないかしかないんです。トランプに表と裏しかないのと同じです(ヘンかな)。

 

 例えば、「親子関係」に「程度」や「性質」ってありませよね。関わりが薄くても親子は親子で、親子関係は「ある」か「ない」しかありません。

 

 「関係」とは、そういう真っ直ぐな言葉です。なのにこれに「性」を付けてその鋭さを削ぐ行為は、フカヒレのために鰭が切られた鮫のように、無残ではないですか。(言い過ぎ?)

 

 一時期、「ら抜き言葉」が話題になりました。こういう会話です。

 

 祖母「ちゃんとごはんは食べられたのかい?」

 孫 「うん、食べれたよ」

 

 「られる」が可能の助動詞ですから、祖母は正しく、孫は「食べ(ら)れた」の「ら抜き」となり、間違いとされます。

 

 私は言葉にうるさいオヤジですが、結論から言うと、ら抜き言葉は、「ぜひ主流になってしまえばよい」と思っています。どーですか。祖母より孫に近いんですよ。

 

 大昔、どなたかのエッセイで、「ら抜き言葉は中世(だったか江戸だったか)からあった」と書いてあり、驚きました。最近の傾向と思われがちですが、数百年あるんです。

 

 実は「られる」の助動詞は「可能」のほかに「受け身」「尊敬」「自発」があります。それぞれ「ライオンに食べられる」「先生が来られる」「愛が感じられる」みたいに。つまり、役割満載すぎるのです。(「取締役開発本部長兼研究部長兼企画部長」みたいな。かわいそうだよ。) これらの中で「ら抜き」にできるのは、「可能」だけです。「ライオンに食べれる」とは言わないでしょう。

 

 つまり、「ら抜き」にすることで、積載量オーバーの「られる」から「可能」を外すことができるのです。機能的ですよね。「ら抜き」にするのは、それで通じるという正しい言語感覚があるからで、単純に否定すべきではないと思います。

 

 などといいなから、年齢は明らかに孫より祖母に近い私は、今日も家で映画が見られて、ぐっすり寝られて、幸せなのでした。

f:id:pwblog:20200228224841p:plain

夕方の砂丘が描きたかったが、ラクダメインになりました。

 

台風を曲げる

 

 香港が中国へ返還されるとき、「一国二体制」という言葉が発明されました。当時それを聞いた人々(私も含む)は、

 ・・・?

 今回の衝突は、むしろよくここまで起きなかったな、というのが本音です。このまま起きないでほしかったと思います。対岸の火事みたいな言い方しかできず、もどかしいですが。

 政治ではなく、経済の話を少し。

 香港は世界の金融の中心のひとつですが、一国二体制の不安はありました。返還当時私は「香港に代わり、沖縄が金融基地になれないかなぁ」と思いました。沖縄は国家の体制に不安はなく、香港にはないトロピカルビーチがあり、議論はともかく、米軍に守られています。西側社会からすれば、ひとつの理想の地ではないでしょうか。

 もちろん、台風は沖縄の弱点です。しかし、大国が秘密裡に開発した技術を使えば、天候も変えられるでしょう。1977年に「環境改変兵器禁止条約」というのが成立しています。  

 この条約で環境改変技術とは、自然の作用を意図的に操作することにより地球(生物相、岩石圏、水圏及び気圏を含む。)又は宇宙空間の構造、組成又は運動に変更を加える技術をいう(第2条)

 となっています。「気圏」があるから台風の進路は曲げられるし、「岩石圏」があるから地震も起こせるということです(気になる人は、謎の米軍施設「HAARP」というのを調べてみてください😊)。

  この条約が必要になったのは、そういう技術があったからです。1977年はピンクレディーが『渚のシンドバッド』を歌った年です。そのときすでに環境改変技術があり、それから40年以上経っています。水面下の技術でも格段の進歩があるはずですよね。この条約、日本も1982年に批准していますよ。なお、兵器利用はダメでも平和利用はいいんです。

 あれ、それました。経済です。

 香港返還の頃から、日本全体が「沖縄こそ金融の中心に」という思いで動いていれば、いまどうなっていたのか。「惜しいなぁ」「いまからでも遅くない」と思うのは、私だけでしょうか。

 沖縄の選挙はいつも基地の話です。違う視点で「沖縄を世界唯一の場所に育てる」と具体的に企画する人は出てこないのでしょうか。 建て直す首里城を平和で豊かな『新しい地球の原点』と謳って。日本の役目じゃないですか。

 雑感です。浅見はご容赦を。趣旨でご理解ください。香港を気にしつつ、沖縄がよくなってほしいと思うまでです。

f:id:pwblog:20191129021131j:plain

遠くに、燃えてしまった首里城。地球もいちど壊して再建が必要か。

われ思う、ゆえに何者にもあらず。

 経営者が「尊敬する人」として挙げる名前の多くは、われわれもよく知っています。たとえば、盛田昭夫さん、本田宗一郎さんなど。

 「二宮尊徳」(二宮金次郎)を挙げる人もいます。薪を背負って歩きながら本を読む銅像は、むかし校庭でよく見たものです。(基本は銅像ですが、戦時中「金属は拠出せよ」とのお達しにより、石川県では九谷焼の像に替わったところもあるとか。それはそれで、見てみたいですが。)

 しかし、この金次郎さん、どうも道徳臭くて苦手意識がありました。

 「本を読みながら歩くって、歩きスマホじゃないか」

  なんて、私は1秒も思ったことはありませんが、松下幸之助さんも「二宮尊徳から経営を学んだ」と言われていたと知り、弟子が書き留めた金次郎さんの教えを読んでみました。

 読んで、いままで敬遠していたことを反省しました。ロジカルだけどハートがあり、知情意の備わった人です。

 「じゃあ、学んだことを言って見ろ」

と言われると、実は3か月でほぼ忘れました。記憶力のせいですが、もっと大きな理由は、あるひとつの教えが衝撃的すぎて、ほかのすべてを吹き飛ばしてしまったからです。こんな感じです。

 

 悪事を思いついても、やらなければ悪人ではない。それと同じく、善事を思いついても、やらなければ善人ではない。

 

 まじか。

 私はまったく善人ではありません。いままで自分は勝手に善人のはしくれと思ってきましたが、幻想でした。しかも、幻想だったことに妙な納得感が伴います。

 この言葉を胸に、いつかは善人にならねばと焦る秋の夜です。

f:id:pwblog:20191024204115p:plain

iPadで「フウセンウオ」を描きました。この魚、はまります。2センチほどしかありません。いろんな色がいます。

天然!?

 世の中には『天然』と呼ばれる人たちがいます。私のまわりにもこんな例がありました。

① とにかく、よく標識にぶつかる。(額を縫ったこともある。)

② バーテンに「ウイスキーの飲み方は?」と聞かれ、「座って」と答えていた。

③ 中国の正式名称は「中華人民共和国民主主義」と言っていた。(ある意味、レベル高い。)

④ 中華料理店でデザートに「レーニンどうふ」と頼んでいた。

⑤ テストでカンニングしたとき、相手の学生番号まで写し、あわてて二重線で消した。(番号見えてますが・・・)

⑥ 「ライオンの雌はトラ」と断言。(この人22才。)

 

 芸能界にも天然キャラと言われる人は多くて、たとえばTOKIOの長瀬くんは、  

⑦ 風呂場で目の下まで湯船につかっていて、「何してる?」と聞かれ、「カバの目線で世界を見てる」

⑧「人生の転機は」と聞かれ、「母が産んでくれたとき」

 (^_^)v

 

 私が観察するに、天然と言われる人たちの共通点は、自分は天然とはまったく思っていないことですね。そこが魅力なわけですが、まあ自覚があれば天然でいつづけるのは困難です。

 さて、ここからが分析ですよ。上の例から天然にもタイプがあることがわかります。すなわち、

(1)知識合体型

 ③の中国といえば思想がらみの話も多く、なんたら主義と合体します。④も中華料理は中国で、隣国の著名人はレーニンです。⑥は思考プロセスが不明ですが、「ライオンの雌には、たてがみがない」がスタート点であることは確かです。「たてがみと言えばシマウマ」「シマウマのたてがみは白黒ツートン」「ツートンはトラ」でしょうか。古代文明の謎を解く気分です。

(2)空白型

 ①は歩きながら意識が飛んでいる感じです。②も心ここにあらずです(たぶん)。⑤も手だけ動いています。しかし、この型は侮れず、実は人の何倍も脳が働いていて、そのために目の前の処理ができないケースがあると感じます。そういえば、ニュートンはネコが好きで、家のドアにネコが通る孔を開けました。そのネコが子供を産んだとき、彼は子ネコ用の小さな孔を別に開けたと言います。(アイザック・アシモフの本にそのエピソードがありますよ。)

(3)アート萌芽型

 ⑦⑧なんて、まさに「アートが生まれる予感」がありませんか。発明家で都知事選にも出て有名になったドクター中松は、「風呂に潜って窒息する寸前にアイデアが浮かぶ」とどこかで書かれていました。この型は一見怪しいんです。

 

 ただ、「アート」といえば、(1)の「トラはライオンの雌」や、(2)のニュートンの孔だって、その感性の延長にはアートが見え隠れしています。つまり、「天然」と言われる人たちに共通するのは、「アートへの軌道に乗っている」ということです。(どーですか。高尚でしょ?) 

 天然というテーマは昔から気になっていました。今後掘り下げてみたいと思います。ちなみに、私は残念ながら(!?)天然ではありません。せいぜい、買い物をして商品を受け取らずに帰ったり、内科へいくつもりがなぜか隣の小児科に入り、やたら子供が多くて憤慨したり、靴紐をほどくたびに「ダマ」(結び目)ができてしょっちゅう靴紐を買い換えたり、

 まあ、この程度ですから、破壊力のかけらもありません。

f:id:pwblog:20190609195245j:plain

おおむかし、北海道の美瑛で。しかし、場所がわからず、探しています。

 

凸凹あらば、はめてみよ

 交換が必要な部品と言うものがあります。例えば、エアコンのフィルター、携帯電話の画面(割れたとき)、プリンターのインクなどです。これらは「交換部品」とも呼ばれます(まんまか)。

 交換部品はふつうもとの装置(エアコンとか)を販売したメーカー(A社とします)が提供します。その場合、交換部品は「正規品」です。しかし、A社とは違うメーカーが提供することもあります。代替品です(注1)

 代替品が正規品同等の品質ならよいですが、粗悪品のこともあります。昨今、日本製品に対し、主に海外の粗悪な代替品が交換部品として流通することがあり、多くの日本メーカーが困っています。私のお客様もそういうお話をされます。

  で、ここからが私なりのひとつの解決策の提案です。答えから言うと、

 「交換部品の取り付け部分の形を社の登録商標の形にする」

 わかりにくいですね。図1は本体(A社の製品)の先端で、ここに交換部品を取り付けるとします。この先端に丸いでっぱり(矢印)があります。交換部品は逆に、丸い凹みがあります(図2)。ブロックのように、丸い凹凸をかっちりはめて接続します。

f:id:pwblog:20190516021452j:plain

 図3はでっぱりが「T」字の場合です。図4はそれにはまる「T」字の凹みです。で、この「T」がA社の登録商標(注2)とします。絵が描きにくいので「T」にしましたが、たとえば「SONY」という文字列だと思ってください。

 代替品メーカーは部品の先端に「T」(つまり「SONY」)という文字を彫るしかなく(図4)、これはA社の許諾がなければ、A社の商標権の侵害となります。これなら商標権侵害で代替品の流通を止めることができるのです。

f:id:pwblog:20190516021520j:plain

  どうですか (*`▽´*)

 

 もちろん、彫るのは短い名前じゃないと厳しいです。世界一長い名前の会社は日本にあり、

 株式会社あなたの幸せが私の幸せ世の為人の為人類幸福繋がり創造即ち我らの使命なり今まさに変革の時ここに熱き魂と愛と情鉄の勇気と利他の精神を持つ者が結集せり日々感謝喜び笑顔繋がりを確かな一歩とし地球の永続を約束する公益の志溢れる我らの足跡に歴史の花が咲くいざゆかん浪漫輝く航海へ

 というそうですが、これを彫るのは辛いです。

 まあ、社名でなく、図形の商標にすべきですね。三菱のマークなんて、凹凸にしたらかっちりはまりますよ(図5)。誰かこの発想で部品作ってくれないかなぁ・・・。

 

f:id:pwblog:20190516021613j:plain

注1  「代替」は「だいたい」ですが、「だいがえ」という人もいます。きしょく悪くて嫌ですが、どうも1970年代から一部の国語辞典でも許されているようです。きしょく悪いですねぇ。

注2 正確には、交換部品を指定商品に含む、図4の形の立体商標というべきかもしれません。